Home > iPhone使い方講座 | Tips | 特集 > iPhone 使い方講座|設定②着信音や画面、壁紙をカスタマイズしよう!

iPhone 使い方講座|設定②着信音や画面、壁紙をカスタマイズしよう!

iPhone使い方講座 | Tips | 特集

by
2012-02-24 (金) 16:38

携帯電話(ガラケー)では待受けやメニュー画面をカスタムするためのサイトが多数ありましたが,iPhone にはそういうサイトはほとんど存在しません。

それでも,いろいろと自分好みになったほうが使いたくなりますよね。
ここでは,自分らしいiPhone にするための設定をしていきましょう。

1.明るさ

画面の明るさの好みは人それぞれだと思います。(僕は明るさMAXよりも少し暗めに設定)
設定の「明るさ」で見やすい明るさに設定してあげましょう。


夜,ベッドの中でiPhoneを使う人も多いと思いますが,暗いだと昼間のときに比べると画面の見え方が少し違います。
そういうときは ~明るさの自動調節~ をONにしておきましょう。この機能は周りの光の量に応じて明るさが自動的に変わるので,その環境で一番見やすい状態にしてくれます。
(あまり暗いところで見ると眼が悪くなるので,出来るだけ明るい場所で使いましょうね!)


2.サウンド

iPhone は「サウンド」メニューから着信音の設定が細かく出来ます。


本体の左上側面にサイレントスイッチがあります。サイレントモードの時にバイブをさせるかを設定できます。
音量はスライダーで調整します。このとき,数秒間着信音が流れますので,好みの大きさを選んでください。
(最大にすると,相当デカイです)
ボタンで変更がオンの場合には本体側面の+-のボタンで大きさの変更が出来ます。

バイブレーションの種類はサウンドメニューの一番下「バイブレーションのパターン」から選べます。

バイブレーションは初めから5種類ありますが,自分でパターンを作ることもできます。

着信音の設定項目について見ていきましょう。特に,わかりにくいのが「メッセージ」と「新着メール」だと思います。
 メッセージ=SMS,MMS,メールがiPhoneに届いたときの音
 新着メール=メールでサーバーからの受信が完了したときの音
です。

それぞれのサウンドは個別に設定できます。(上の画像を参照)


着信音には初めに25種類,通知音には27種類のサウンドがあります。1つひとつ名前が付いていますが,イメージしにくいものもあるので,一度聞いてみてお気に入りのサウンドを設定してください。

3.壁紙

壁紙はホーム画面とロック画面で別々に設定が出来ます。

左がロック画面
右がホーム画面


初めからある壁紙用画像または,カメラロールの項目から選べます。
(iPhoneを買ったときのロック画面は地球,ホームは泡の画面でしたね)

画像を選択して
 「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」
から設定箇所を選べます。

ただし,充電中のロック画面は電池マークになるので,画像は表示されません。

今はインターネット上にたくさんの画像があるので,オシャレな画像を探すのも楽しいですよね。
僕もそうですが,棚をモチーフにした画像がたくさんあるので,アイコンが商品棚のようになって僕はスキです!
ちなみにiPhone4,4Sの画面サイズは幅 480 × 高さ 960 ピクセルなので,画像ソフトでパソコンの壁紙に手を加えて,iPhoneとPCで同じ画面にすることも。

ロック画面は上部に時間,下部にドック解除バーがあるので,バランスいい画像を選んであげるとカッコいいですよ!

この記事を読んだ人は次のアプリに興味を持っています

話題のアプリ

iPhone買ったら必ず入れたいアプリ
ジャンルを超越した絶対おすすめの25アプリをピックアップ。これだけ入れときゃまず困らない精鋭アプリです。
定番アプリの使い方
iPhoneアプリといえば避けては通れない定番強力アプリをフル活用しよう。仕事でバリバリ使いたい人必見!
iPhone神アプリ
さらにディープなiPhoneアプリ世界を味わいたいならこちら。玄人好みだけどiPhoneを10倍はエンジョイできます。
iPhone/Androidアプリマーケティングツール|GrowingApp