Home > iPhone使い方講座 | Tips | 特集 > iPhone使い方講座|カメラ – デジカメなみの写真を簡単操作で!!操作編

iPhone使い方講座|カメラ – デジカメなみの写真を簡単操作で!!操作編

iPhone使い方講座 | Tips | 特集

by
2012-02-28 (火) 10:36

iPhoneに搭載されているカメラは800万画素と超~高画質です!

画素数だけみればデジカメ並みですね。
撮った写真を友達と交換するのもiPhoneならわけないですし、むしろデジカメより便利 と思います。

わたしが以前使っていたスマフォのカメラは高画質でしたが、ズームもフラッシュもなかったのであまり使えなかったです。
ただ画質がキレイなだけじゃ全然だめっす・・・↓↓
それに比べてiPhoneはズームもフラッシュも、ついでにHDR機能もついていてばっちり!!

デジカメ並みの高画質にぷらす、必要充分な機能で操作も簡単ときたら、やっぱりデジカメよりiPhoneですよっ(力説

加えて、写真(静止画)だけでなく動画も撮れちゃいます。

では、早速使ってみますかっ!
今回は「操作編」として、まずはどんな機能があるのか、基本のキホンをご紹介します。

☆写真を撮る☆

↓がカメラです。

立ち上げるとこんな感じです。
縦横どちらで構えても、センサーが感知してボタン配置が縦型/横型に切り替わります。

















縦に構えると、上下それぞれ3つのボタンがついていますね。
まずは上段からみていきます♪

■自動
まずは左上「自動」ボタン。
これをタップすると、フラッシュのオン/オフが設定できます。

■オプション
オプションからはグリッドHDRが選べます。


グリッドって??
グリッドをオンにすると、画面にこんな感じで格子線が表示されます↓
真っ直ぐに構えて撮りたいときなんかに便利♪

HDRって?????
HDRはAppleが抱える秘密の組織・・・ではなく(笑)
ハイダイナミックレンジの略語らしいです。
例えば夜景など、明暗が激しい写真を撮るときなどに試してみてください!
1つのシーンに対して露出の違う3枚の写真を撮影し、それぞれの良い部分を組み合わせた1枚の写真が自動で作られちゃいます。
わたしの写真好きな友達がデジカメと画像加工ソフトを駆使して夜景のHDR画像を作っていて、見せてもらったことがあるのですが、
隅々まで 明るく・くっきり・鮮やかに撮れていて、CGみたいと驚きました。
でも、iPhoneで手軽にやれちゃうんですね。すばらしい~

■カメラ切り替え
背面カメラと前面カメラを切り替えます。
通常時は背面カメラ、自分撮りをするときなどは前面カメラです。

続いて、下段のボタンです♪
左からみてきますね~

■サムネイル表示
「写真」アプリを立ち上げなくとも、ここから撮った写真を確認できます。

■シャッター
すばりそのまま、シャッターボタンです。
カシャっという音とともにシャッターが下ります。

■カメラ/ビデオ切り替え
カメラ(静止画)とビデオ(動画)を切り替えます。
ビデオにすると、シャッターボタンが録画開始/停止ボタンになりますよ~

☆知っていると便利なカメラの小技☆

側面についている音量「+」ボタンはカメラ起動時にシャッターボタンとして使えます。
両手でiPhoneを構えたままシャッターが押せるのでとっても便利。
構えた手を離すと手ぶれが気になるときにどうぞ~
というか、わたしはいつも「+」です。慣れるとこちらのが楽かも。


以上、今回はまず操作に慣れていく「操作編」をお送りしました♪
次回は「実践編」として、もう少し詳しいところを解説します。
次回もぜひご覧くださいませ~

この記事を読んだ人は次のアプリに興味を持っています

関連する記事はありませんでした…

話題のアプリ

iPhone買ったら必ず入れたいアプリ
ジャンルを超越した絶対おすすめの25アプリをピックアップ。これだけ入れときゃまず困らない精鋭アプリです。
  • Yahoo!天気・災害
    Yahoo!天気・災害
  • Facebook
    Facebook
  • Yahoo!ヘッドライン
    Yahoo!ヘッドライン
  • BB2C
    BB2C
定番アプリの使い方
iPhoneアプリといえば避けては通れない定番強力アプリをフル活用しよう。仕事でバリバリ使いたい人必見!
iPhone神アプリ
さらにディープなiPhoneアプリ世界を味わいたいならこちら。玄人好みだけどiPhoneを10倍はエンジョイできます。
iPhone/Androidアプリマーケティングツール|GrowingApp