Home > iPhoneアプリガイド | iPhone使い方講座 | Tips | 特集 > iPhone使い方講座 | カメラ – ピント合わせやズームで思い通りに撮る♪実践編

iPhone使い方講座 | カメラ – ピント合わせやズームで思い通りに撮る♪実践編

iPhoneアプリガイド | iPhone使い方講座 | Tips | 特集

by
2012-03-01 (木) 16:34
800万画素の超高画質で、使い勝手もばっちりなiPhoneのカメラ。
「操作編」では、まず基本のキホンとして、ボタン操作のご紹介をしました。
それぞれのボタンがどんな機能を持っているのか知ったところで、今回は「実践編」です。

ただなんとなくシャッターを押すだけでもそれなりにキレイに撮れちゃいます、が!
もうちょびっと知っていると、うまく撮れないイライラがすっきり♪思い通りに撮影できちゃうことでしょう・・・

■ズーム機能
ズームは、おなじみピンチ操作で調整することができます。
ズームイン/アウトしたい部分をピンチ操作で調節です。

たとえばこの写真↓
























木の部分だけズームするには、木のところをピンチ操作で引き伸ばします。
画面に触ると、画面下部のような+/マイナスバーが表示されます。
それも参考にしながら調節です。

ズーム!!




















 

■ピント合わせ
iPhoneのカメラは、カメラを構えるだけである程度ピントを合わせてくれます。
賢い!
通常はだいたい、画面中央に自動でピントが合います。
もし画面中央以外にピントを合わせたい場合は、ピントを合わせたい部分をタップすればOK♪

もうひとつ応用ですが、ピントを合わせたい部分を長押しすると「AE/AFロック」と画面に表示され、ピントと露出がロックされます。


























☆知っていると便利なカメラの小技☆———-

・カメラを素早く起動!!
シャッターチャンスはいつ訪れるかわかりませんっ
今!と思ったら即撮りたいですよねぇ
ロック画面でホームボタンを2度押しすると、カメラマボタンが表示されます↓
カメラをタップすればカメラが即起動です。





















・手ブレを防ぐ
デジカメと比べて軽量なiPhoneは、構えたときの安定感に欠け、手ぶれしやすいのが悩み・・・
そこで、手ぶれを防ぐちょいテクです。
実は、カメラのシャッターボタンが「押したとき」ではなく、「離したとき」に下りているのにお気づきですか???
微妙なところなのでわかりにくいですが・・・汗
気を付けてみるとわかります♪
なので撮影のときには、シャッターボタンを「押したまま」にしてよく構えて、「ゆっくり離す」と、ブレにくいのです~
ただ、側面「+」ボタンではいつシャッターが下りているのかほとんどわからないので、あまり使えません・・・
ブレたくないときは、画面のシャッターボタンで撮影ですね♪

さて、カメラの使い方をマスターしていただけたでしょうか??
iPhoneには標準搭載「写真」アプリに簡単な画像編集機能もついており、撮った後のちょっとした加工もその場でできちゃいます。
その辺りも、今後ご紹介しますね~

この記事を読んだ人は次のアプリに興味を持っています

関連する記事はありませんでした…

話題のアプリ

iPhone買ったら必ず入れたいアプリ
ジャンルを超越した絶対おすすめの25アプリをピックアップ。これだけ入れときゃまず困らない精鋭アプリです。
  • Yahoo!天気・災害
    Yahoo!天気・災害
  • Facebook
    Facebook
  • Yahoo!ヘッドライン
    Yahoo!ヘッドライン
  • BB2C
    BB2C
定番アプリの使い方
iPhoneアプリといえば避けては通れない定番強力アプリをフル活用しよう。仕事でバリバリ使いたい人必見!
iPhone神アプリ
さらにディープなiPhoneアプリ世界を味わいたいならこちら。玄人好みだけどiPhoneを10倍はエンジョイできます。
iPhone/Androidアプリマーケティングツール|GrowingApp