Home > iPhone使い方講座 | Tips | 特集 > iPhone使い方講座|Safari:動かなくなっちゃった!もしものときのフリーズ解消法

iPhone使い方講座|Safari:動かなくなっちゃった!もしものときのフリーズ解消法

iPhone使い方講座 | Tips | 特集

by
2012-06-14 (木) 16:48

iPhone初心者さんのためにAppLiFEがお届けする「iPhone使い方講座」!基本Webブラウザ「Safari」をさらに便利に活用するための方法をご紹介します!!

Safariが動かなくなったら・・・

履歴の削除でもご紹介しましたが、iPhoneは検索履歴や閲覧履歴を大量に保存することができるので、ときどきSafariが重たくなったり、アプリ自体が落ちてしまったり、フリーズしてしまうことがあります。ここではフリーズしたときの解消法をご紹介しましょう!

ホーム画面に戻れる場合

ホームボタンを押してホーム画面に戻ることができたら、バックグラウンドで動いているSafariを閉じてみましょう。

iPhoneはマルチタスクに対応しているので、一度開いたアプリがバックグラウンドでも一定時間は作動しているんですね。ホーム画面でホームボタンを2回押してみると、下部にバックグラウンドで作動しているアプリが出てきます。ロングタップして、アイコンの左上に赤いマイナスが表示されたら、もう一度タップして削除しましょう。ここでの削除はあくまでバックグラウンドでの作動を閉じるだけで、アプリ自体を削除するわけではないのでご安心を。

これでアプリを完全に閉じることが出来たので、再起動してみましょう。ちなみに、マルチタスクが増えていくとその分iPhoneの動作が遅くなったり、電池の減りが早くなるので、使わないアプリは頻繁に閉じるようにしましょう。

ホーム画面に戻れない場合

滅多にお目にかからないとは思いますが、ホーム画面にも戻れず完全にフリーズしてしまったら!もう電源を落とすしかないの!?いいえ、ひとまずSafariを強制終了してみましょう。

電源ボタンを長押しすると、電源オフのスイッチが表示されますよね。そこでホームボタンを長押しすると、実はアプリの強制終了が可能なんです!知ってましたか?♪

ちなみにこの①②の動作を同時に行うと、電源を落とさずiPhone自体をリセットして再起動することができます。

いかがでしたか?これでもしものときも安心ですね!この操作はSafariだけでなく、どのアプリでも応用できるので覚えておいてくださいね♪

この記事を読んだ人は次のアプリに興味を持っています

話題のアプリ

iPhone買ったら必ず入れたいアプリ
ジャンルを超越した絶対おすすめの25アプリをピックアップ。これだけ入れときゃまず困らない精鋭アプリです。
定番アプリの使い方
iPhoneアプリといえば避けては通れない定番強力アプリをフル活用しよう。仕事でバリバリ使いたい人必見!
iPhone神アプリ
さらにディープなiPhoneアプリ世界を味わいたいならこちら。玄人好みだけどiPhoneを10倍はエンジョイできます。
iPhone/Androidアプリマーケティングツール|GrowingApp